« 終わった〜 | トップページ | おはよう御座います »

2004/07/26

雨と川の関係

 雨が降る量は一気に100mm降るのと時間を掛けて降るのとの違いにってですが同じ100mmでも一気に降れば地中に吸い込まれる前に殆どの水が川に流れ込み一気に増水しますが引くのも早いですが時間を掛けて雨が降れば時間を掛けて増水して時間を掛けて減水します、何故かと言うと乾燥した地表は時間が経つにつれて水分が蒸発した部分の隙間が無くなる事と最初に吸い込んだ水分は植物に吸い上げられる事です、土の中に完全に染み込むには時間が掛かるので山の保水力をMAXにするには逆を言えば一日二日の断続的な雨が理想です、それにつれて川の水位も安定した状態で保たれるのです、一気に降った雨は地表の土砂やほこりを流しやすいですが時間を掛けた降雨は安定した形で地表に吸い込まれますよね。

 例えばですが植木の乾いた土に一気に水を上げても直ぐには吸い込みませんが少し湿った土の方が水は吸い込みやすいです、この例えは分かりにくいかな?山を例えるなら草木や土が大きなダムとなってるんですよね~、今回の雨はどんな感じになるのかな~

« 終わった〜 | トップページ | おはよう御座います »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

釣り&行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/1058191

この記事へのトラックバック一覧です: 雨と川の関係:

« 終わった〜 | トップページ | おはよう御座います »