« 雪景色 | トップページ | 無料壁紙 »

2005/04/23

70UPの海サクラ

 小生がFFで海サクラを釣ってるのは後にも先にも熊石しか有りません、海アメをFFで始めた頃から既に海サクラはターゲットの中に入ってました、渓流を釣り歩いてる頃から熊石方面での海サクラの話は良く聞いてました、実際に餌で上げてる人も見てましたし。

 そして熊石は海アメでも期待を裏切らない場所でも有ったのでここに長い時間を掛けて通うことを始めたのです、そして丁度今時期だったと思うのですが鮎川海岸を海アメを求めて彷徨ってました、当時はこの周辺で海アメを狙う人は居なく快適な釣行だったのです。

 そして潮の流れや風も見方に付いたこの日は快適に海アメの釣果を伸ばしてると目の前でサクラが跳ね出したのです、すぐさまキャストをするとヒット!40UP位だったと思いますが凄い重量感でなかなか寄って来ません、そして何とか時間を掛けて寄せると背中がまだ青み掛かったサクラでした。

 この後はアメマスとサクラマスのオンパレードです、そして運命の時です、いきなりグリップまで絞り込む強烈な当りです、以前にここで掛けてる70UPのアメマスよりも強烈な引き!80UP?いや90UP等と勝手に想像してましたが強烈過ぎる引きに手も足も出ません。

 ロッドからは強烈に悲鳴が上がりラインからは船が軋む様な音がします、小生自身も直立は出来ずに腰を下げた状態で方膝は地面に・・・このやり取りは10分以上続きバッキングまでも出される始末、遠くに居た人が二人息を切らしながら駆け寄りアシストに。

 しかしサクラはファイトを辞めずに必死に抵抗を続けます、生死を掛けた争いに負けるわけには行かず最後まで大きな巨体で暴れて挑んで来ました、美しいプラチナカラーの魚体を反転させながらの抵抗です、水中の中で何度あのキラメキを見たことでしょう。

 水面から見えるポジションに現れた時が心臓が止まる気分でした、体高は自分の太ももよりもはるかに太いのです・・・自分が今までに上げた魚とは全くの別物・・・そしてアシストに駆けつけてくれた二人は海の中に腰まで入ってくれて二人掛かりのキャッチでした。

 当時は海際でリリースをしてたのですが完全に弱った状態でのキャッチになりました、そして自分で上げた魚を自分の手で持った瞬間は感動以上に恐ろしさまで感じました、その二人が持ってた重量系も4キロまでしか計測できずに振り切りです・・・・・

 当時メジャーではなかった海サクラの大きさや重量には関心は無かったのですが助けて頂いた二人には感謝しております、当然その場で捌いて半身をプレゼントでした、今となってはこの好条件は今の状態に思えて仕方が有りません、改めて当時助けて頂いた方々にお礼を申し上げます、本当に有難う御座いました。

« 雪景色 | トップページ | 無料壁紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

釣り&行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/3826486

この記事へのトラックバック一覧です: 70UPの海サクラ:

« 雪景色 | トップページ | 無料壁紙 »