« 光開通 | トップページ | ジャレ付き »

2005/06/02

熊と握手?

 これはとある方が体験した話なのですがその方の名前をEさんとしましょう、Eさんは秋口にとある道南の渓流に向かいました、そんなに民家から離れてる訳では有りませんが険しくて厳しい渓流です、当然ここでは大きいイワナが釣れるので慣れた感じで無装備(熊グッツ)で向かったのでした。

 大きい岩を越えたり高巻きしたり、奥に入れば入るほど釣れる!彼の欲求を満たすべく更に奥へ奥へと足を進めたのです、そして大きい岩を越える為にロッドを口に咥えて息を切らしながら昇って行ったのです、そして頂上に右手を乗せた時に・・・ん?? 生暖かい? 毛むくじゃら??

 すぐさま頂上に顔を出した瞬間時を同じくして!・・・・・なんと熊です!一瞬の沈黙が有った後にお互いに悲鳴に似た声を上げながらEさんも熊も元の道を凄い勢いで逃げたそうです。

 この話聞いた事が有ると思いますが多分出何処は同じ仮名Eさんのお話です(爆)本当にEさんは声にならない悲鳴を上げたそうですよ。

 皆さんも今時期の山菜や釣りにはご注意くださいね、山菜取りで行方不明者が出てるみたいです、家族だけでは無く他の方々にもご迷惑を掛けます本人だけでは無いので山に入る時は考えた行動を。

« 光開通 | トップページ | ジャレ付き »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

釣り&行事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。久しぶりにおじゃまいたします。
光開通の記事から本家の方へおじゃましておりましたが、これまでにもまして、きれいなお写真を撮られていらっしゃいますね。お子様のお写真もかわいくていいですね。その間に、この記事が書き足されていてちょっとびっくりしました。たしかに、熊と握手!?したくないですね。私は山菜採り、釣りではありませんが、夏山登山を趣味としています。でも最近マナーの悪い方が増えていることをとても残念に思います。自分も気をつけようと思いますが。
ところで、光開通、私のところはすぐ近くにはきているのですが、うちのところには未だくる予定はありません。市でありながら、合併する前は「村」だったのでしょうがないでしょうか?(笑)ADSLでなんとかやりくり、楽しんでいます。

 あいぼうさんコメント有難う御座います、光に変えてもPCのスペックは遅いので強力な変化は感じられませんが開く速度とデーターの送受信は飛躍的に違いますよね、本当はここにきたときはADSLにしたかったんですが光が先で諦めてたんですよ、しかしながら工事費用無料で相談して電話して聞いたら安いとの事なので変更ですよ、でも買えて良かったです。

 そうそう写真をお褒め頂き有難う御座います、それと熊ですがやはり常に所在を知らせるのが一番ですよね~

早速のレスコメントありがとうございます。
PCのスペック、たしかにそれもありますね。私も初めADSLにしたときは、実に古〜いWin95マシンで、はっきりいってDSLの恩恵は受けておりませんでした。^^;) 今はMacのiBookG4で快適なネット生活を送っておりますが。
私も以前、北海道は道東へいったとき、鹿やリス、もしやキツネ!?によく出くわしました。知床五湖に行こうとした時は、さすがに、装備が十分でなかったので、熊が怖くて断念しました。熊対策は十分にしていかないと危ないですよね。でもまた、ぜひ装備を整えていってみたいところです。北海道、本当にいいところですね。

TBありがとうございました。
今回のこの記事も、とても楽しかったです。
熊もビックリして、逃げちゃったところが
マンガみたいでおもしろかったです。
私は初めて聞いたお話だったので、
とても楽しめました。おりがとうございます。

 あいぼうさんおはよう御座います、本当に回線もそうですがPCのスペックで左右されるんですよね~、メール受信とかは早くて助かりますが、以前よりは快適です。

supribiaさんおはよう御座います、色々な方とお話すると色々な話を聞けたりするのですがこの方の話は本当なのですが・・・なんか笑えますよね~~~

こんばんわ。TBさせていただきました。
何か、CMかバラエティーにありそうな光景ですね。
私は気絶してしまうかもしれませんが…

嘘だと思いたいのですが、一部には
わざわざ熊をけしかけるような行動をする者も
居るとか…?

熊はアイヌ伝承では神の使いだそうです。
畏敬の念を持って立ち振る舞うことは
動物学的にも正しいという事になりますね。

 これは本当の話なんですよ、実際に熊とバッタリ有ったパターンで悲鳴を上げたり逃げたりしないと熊の方が逃げるパターンが多いんですよ、実際問題は熊にバッタリは危ないんですけどね、アイヌにとっては熊は神の使いであり大事な存在でも有りますからね~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/4383619

この記事へのトラックバック一覧です: 熊と握手?:

« 光開通 | トップページ | ジャレ付き »