« BCAA。アルギニン&イノシトール&カルチニン | トップページ | 新しい携帯で撮影 »

2005/09/03

ヘアヌードに続き女子総合格闘技イベント、高須基仁

 ヘアヌードの仕掛け人としておなじみの出版プロデューサー、高須基仁氏(55)が女子総合格闘技の大イベントを、来年2月に首都圏の巨大アリーナで企画していることを明らかにした。シドニー五輪女子テコンドー銅メダリスト、岡本依子(34)=写真=の参戦を計画、欧州の美人選手らと戦う。ヌードや暴露本に続き、格闘技での成功をねらう。

 イベントは名付けて「K-grace」。実行団体の代表者となる高須氏は、「美人の宝庫・ロシア、クロアチア、南米から25選手が参戦、トーナメント形式で行う。グレース・ケリーのような美人欧州選手が参加予定で、「K-1」の向こうを張って、空手やキックの“K技”を取り入れた」と説明する。

 こうしたイベントを行う背景には、テニスのシャラポワに代表されるよう、「強くて美しい女性が注目され、登場する番組は視聴率も取れる。男女共通ルールだからこそ迫力があるし、美女が真剣に顔面打撃する戦いは新しい女の美しさでしょう」(高須氏)という思惑がある。

 さて、高須氏、この8月に事務所を東京・赤坂から仏具店が立ち並ぶ東京・稲荷町の通称「仏壇通り」のビルに移転した。華やかなイメージのある土地から、なぜ仏壇の町へ?

 「格闘技なのに、事務所が赤坂だと少し軽い感じがするでしょ。上野-浅草は僕が(大手玩具会社)トミーのサラリーマン時代、なじみ深い所。初心に返った気分です」

 となると、天地真理(53)や西川峰子(47)ら熟女ヘアヌードをプロデュースしてきた高須氏、“脱ヘアヌード”ということなのか。

 「今は熟女やヘアだけで話題にはなりません。強いイメージがあり、絶対脱ぎそうにない女性を説得したい。究極は、女性国会議員ですよ。まだまだ仕掛けていきます」

 11月からは、スカイパーフェクTVの「MONDO21」(Ch279)でレギュラー番組『脱がせ屋「高須」のモンド無用!』がスタート(毎月第2、4木曜日、深夜零時)。「裸」との縁は切れないようだ。

« BCAA。アルギニン&イノシトール&カルチニン | トップページ | 新しい携帯で撮影 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/5761321

この記事へのトラックバック一覧です: ヘアヌードに続き女子総合格闘技イベント、高須基仁:

« BCAA。アルギニン&イノシトール&カルチニン | トップページ | 新しい携帯で撮影 »