« 仕事始め | トップページ | ネギ豚カレー »

2006/01/05

くだらん実験

 環境設定

 メモリ常駐のソフトを使い常時監視して数値調整を行った状態。
 CPU3.06GHz メモリ1G

 この状態で3072×2048ピクセルの写真を最初は27枚一気に展開して見ました、当然CPUは100%稼動の表示、メモリも物理の展開では通常字は296.9MBなのですがこの時は800MB前後まで上昇、展開スピードに関しては文句無しの状態です、ちなみに写真のサイズは一枚1.90MBです、ファイル形式はJPG

 そしてこれを確認した後に138枚を一気に展開して見ました、結果として80枚を過ぎた辺りで物理メモリはMAXになりメモリ常駐ソフトも数値の調整が間に合わず遅い展開に変わり最後はメモリ不足の表示が出て停止でした、この後は当然PCも不安定な状態になり再起動です。

 当然ですがこんなに一気に開いて一気に作業することは無いので単なる実験なのですが解った事は今回の実験でCPU事態は今の状態で何も不自由の無い状態ですがメモリはこう言うう使い方をすると足りない?でも考え方によってはCPUがもっと良ければメモリ常駐ソフトの展開まで機能できたのかな思います。

 そもそも常駐ソフトはこんな時に数値を調整するのですがこう言うう一気に展開する条件ではCPUの速度?容量?メモリのスピード?少し疑問に思った部分が有るのですが、一応現行の数値では1Gに対してアイドルの状態で29%、通常のソフトの展開でも40%は超えないんですけどね・・・

 ま~馬鹿な実験ですが興味深い物でしたよ、それとRAWの件ですがある方に原版を送って検証してもらってます、どんな結果が出るかは後々報告の機会が有ればしますが撮影時点でアンダーでの撮りすぎが影響してるのか?それともなんなのか?

 ちなみに使ってるRAWのソフトはDigital Photo Professionalを原版としてPhotoImpact SEやAdobe Photoshop 7.0やZoomBrowser EXやFileViewerUtilityを使って見ましたがどれもイマイチでしたよ・・・、さてやはり撮影システム自体の問題なのか?ソフトは問題無いでしょうし・・・

 追伸

 もう一度実験して解ったのですが展開してる写真の容量分はメモリに常駐されるのですね・・・って事はメモリの常駐ソフトは役立たずって事で・・・メモリの容量と言う結果に終わるんですよね・・・本当にくだらない実験でしたよ・・・

« 仕事始め | トップページ | ネギ豚カレー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

どのOSでも言える事ですが、PCが起動するとメモリ上にOSが乗っています。これだけなら良いのですが、様々なアプリを入れると、これまた起動時に常駐する物が沢山あります。

例えばデジカメ系でいえばローダーなどですね。メモリカードを入れると、勝手に起動して写真を取り込む奴とか。

便利な事も多いのですが、使いもしないこの手のソフトがメモリに乗っていると、有限であるメモリが消費し空きメモリが少なくなるという事になります。

写真屋さんの様なソフト、今の仕様は判りませんが昔は起動すると空いているメモリを全て占有するなんて感じのソフトでした。大量の写真を展開する場合、当然多くのメモリを消費しますので展開出来る枚数はやはり物理的なメモリに依存します。

僕の環境下で391枚のJPEGファイル(平均2.3M)は何とか写真屋で開いてくれましたが流石にこれくらいの枚数になると強烈に遅いですというか時間が掛かります。CPUの利用率は恐らく片側しか動いていない状態で大体35%くらい。CPUが一個だとすると70%ちょいでしょう。

でも、このような条件ではCPUというよりもメモリ速度とHDDの速度で展開速度は違ってくる気がします。というよりも、こんな事は現実やらないです(笑)。

まあ、この手の物は上を見るとどうしようもないので不満を感じなければOKじゃないでしょうか。ただ、間違いなく速度というのは慣れます。そうなってくると、5秒で開くファイルも遅いなあって感じられるようになるんですよね(笑)。

もし客観的に実験をしたいのなら、ベンチソフトでも走らせてみてください。僕のブログの方に参考資料を載せておきました。

 Hiroshiさんおはよう御座います~♪何となく実験でした(爆)しかし色々な実験をしたくなりますね(爆)しかし妙な勘違いが解けましたよ、しかし絶対にしない内容の事を実験するって本当にくだらない実験ですがベンチソフトを走らせて見ます(核爆)

どのような状態でどのように動くかって色々と見てみるのも良いものですよ、小生にとっては本当に勉強になりますよ!

しかし前にもHiroshiさんがおっしゃってたCPUの違いって重たいものを一気に展開した時に差が出るんですよね、今回は良くわかりました、そしてメモリの重要性も良くわかりましたよ、本当に毎回勉強ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/8016162

この記事へのトラックバック一覧です: くだらん実験:

« 仕事始め | トップページ | ネギ豚カレー »