« 本家HPにレポートをUPしました。 | トップページ | これは重要です! »

2011/08/28

不思議な事

 先に述べますが餌釣りを馬鹿にしてる訳でも何でも有りません、ま~片っ端からキープするのは考え物だとは思いますが、それで不思議な事?と言う内容なのですが果たして何なんでしょうか? 不思議な事なのだから何も無くて不思議でいいしょ? 駄目かw


 さてもう数十年通い続けてる川でのお話なのですが通常河川での良く有るパターンw


 フライ流す→魚出ない 餌釣り現れて餌を流す→魚が出た! やはりあそこのポイントには魚は居たんだと納得、そして自分の力及ばずと嘆くパターン><;

 しかし通ってる川では。

 フライ流す→魚出ない 餌流す→魚出ない ・・・・魚は居ないのか?と思ってると数十分後にライズ始まる、そしてフライ流す→ライズリング消えるw

 餌流す→魚出ない フライ流す→魚出るw 

 これ解釈難しい話なのですが地元の方々も平日などに通ってる川で有りますし川が増水してなければ殆ど釣り人が居ると考えて良い川では有ります、ましてや地元の凄腕の餌釣り師も入ってるので流れて来る物に対してのシビアな一面を持ち合わせてるのかも知れません。


 実際に Aさんフライ流す→出ない Bさんフライ流す→出ない  Cさんルアー流す→出ない 餌現れるそして流す→出ない 暫くして地元の少年現れるそして浮きで餌流す→いきなり大物が! 一同騒然とするw


 ま~魚がシビアになれば魚は残る訳ですから嬉しい限りでは有ります、現状で地元の自治体の景気は良い訳では無いので通ってる河川では暫くヤマメの放流なんでしてないのですが去年と今年は確認してませんが放流してる魚影では無い感じがします。


 限りある資源ですので持ち帰りはご遠慮して頂きたいですね、持ち帰りをするのでしたら放流されてる河川に通って頂いて地元にお金を落として頂きたい、強制では任意で感謝の気持ち有ってのお買い物や食事をなさって頂きたいですね。


 小生自身放流と言う行為は素直に賛成出来ない部分では有りますが恐らく放流と言う物が無くなったら魚は川から居なくなるのは時間の問題では有るんでしょうね・・・北海道の一部の餌釣りはマナーが悪いと言われる由縁でも有ります。


 本州の餌釣りはもう過去に釣り切り魚の居ない川等を経験してるので釣り切りもしない、放流や魚の増殖への協力体制などもしっかりと取り組んでる訳です、イワナ釣り師等は魚止めの更に上流に魚等を移動させて人の手の届かないエリアに魚を定着させる等の取り組みを行ってます。


 地味にC&Rを歌うフライやルアーよりも放流事業に関する参加や寄付が多いのは餌釣りの方なんですよね^^; 逆を言えばC&Rしてるから放流関係無いと言う考えを持ってる感じも有りますよね^^; 放流事業に協力をするしないの強制力は有る訳では無いですし強制するもので無いのは解ります。


 ま~ただ地元への感謝を込めて地元にお金を落とすようにはして頂きたいです、落とすって10円玉を地べたに落とすんじゃ無いですからね! 川原に落としても駄目です!


 さっき書いたのですが地元で買い物をしたり食事をしたり泊まったりと協力出来る事は沢山有ります、缶ジュース1本120円ですが1000人が買えば12万円のお金が地元に落ちるわけです! ま~差益還元率の話は別としてですね!!!


 結局放流資金もそうですし河川維持の資金関連も地元の自治体や河川事業側から行われる訳なのですから、使用量と考えると感謝の意味は有りませんが長く釣りをしたいと考えて頂くなら気持ちとして地元へお金を使って頂きたいと思います。


 うんで! 不思議な話から脱線してますが通う川には細かい川が刺さりこんでて昔からの在来種のDNAが現在に引き継がれてます、もう100%では無く交配してますがたまにその特徴的なパーマークを美しく称えたヤマメが釣れる訳です。


 故に正直な所放流事業は無くても良いと考えてる部分も有る訳です、尻別の大昔を知る人は知ってると思うのですが尻別水系のヤマメは変則的なパーマークを継承するヤマメが何種類か居ます、できるならこのヤマメを絶やさない欲しいですし抜かないで欲しいと節に願うのです。


 ま~ここまで内容が飛び跳ねてるから書いてる側の真意が伝わらない話し? こいつ! 何を言いたいのか何を書きたいのか解らないぞ! と言う無いようだから不思議な話と言う事で〆させて頂きます^^

« 本家HPにレポートをUPしました。 | トップページ | これは重要です! »

釣り&行事」カテゴリの記事

コメント

どうも、お久しぶりです。
blogは常に見ていましたが、なかなか忙しくて・・・
イワナさんfinalだったのですね。最後にいいヤマメおめでとうございます。
私は、尺クラスをバラしてから(お盆前)全く行けておりません。尻の事ばかりが気になりますが、仕事をしている身分としては致し方ありませんよね。
今週、来週、再来週といけないので事実上fainalです。
とりあえず来季へまた目標を持ち越しとなりました(笑)

ところで、上の記事は私にも何となくわかりますが、尻が全盛期の頃のヤマメを知らないので、どれが尻産で、どれが放流なのかの区別はつきません。
ただ、少ないながらも過去に釣ったチビヤマメでも何となく?
のような個体もいたのは確かですが、それが放流ものかどうかはわかりません。

地元にお金を落とす。これは大切ですよね。
大して、大きなお金は落としていませんが、チリも積もればになるでしょうし。裕福に、昼飯、夜飯、そして温泉にでも入り帰宅!これ以上ない贅沢もしてみたいですが、こちら側の経済がなっていなければあちらの経済には貢献できません(笑)
とにかく、尻近辺ではジュース代や、軽い食事代ぐらいは毎回落としているので、その一角にでもなれればいいなと感じてます。
餌釣りの話ですが、私は餌釣りは肯定派です。なんといっても自分も餌釣りから釣りを始めたので、というか覚えたのでその楽しさも解ってます。しかし、餌釣りでも、丸ごと持ち帰りはさすがに辞めて戴きたい気持ちはわかります。釣りをして食す。古来からの習慣なので、当然否定はしませんが、その仕方に問題があるような気がします。これ以上話せば長くなるので、これで終わりますが、なかなか難しい問題ですよね。
これって、一人一人の考える方向でかなりよくなると思いますが、そこが出来ないので難しいのですよね(笑)

イワナさん、一点だけ質問あります。
ここ数年は、特にヤマメの時期に活動してヤマメでfainalという
感じですが、もう他の釣りはしないのですか?
イワナさんほどのベテランは、過去に色々たくさんいい思いもして、いわえる「ガツガツ」しなくても、ヤマメだけで十分な、そのような考えの領域なのでしょうか?私は、とにかくあまり釣ったことが多くありませんので、まだ悶々としておりますし、ガツガツしております。自分が定年になったころには、そのような状態になれればいいと考えてますが、実際はどうのですか?

お久しぶりです。
相変わらず良い釣りをされていらっしゃるようで、
羨ましい限りです。

当方、昨年息子が生まれ、
思うように釣りには行けない悶々とした日々ですが、
イワナさんのブログを拝見し、
一緒に釣りをしている気分で楽しんでおります。

さて、
我らがホームリバーですが、
イワナさんに特殊なパーマークの件を伺って以来、
そればかり気になっています。

この河川のここ特有のDNAを持ち合わせたヤマメ。
海には行けないが、
ここだけで再生産している事実。
とてもロマンがあります。

明らかに分かる放流個体。
放流の個体ってほんとにがっかりさせられます。
放流して資源量の確保っていう考え方ではなく、
今の資源量を維持し増やす、
そういう考え方にシフトして欲しいもんです。

川は釣堀ではありません。
放流して釣るってのは、
北海道の大自然にそぐわないのではないでしょうか。

趣旨に沿いますかどうか分かりませんが、
何となくコメントしてしまいました。
失礼いたしました。

 usakoiさんこんばんわ^^ 色々なご意見有難う御座いました~、因みに明らかに放流固体の特徴として成魚放流や量産されたヤマメの固体ですと昔に記事に書いたのですが鼻の穴が本来4個の所が2個だったりします、そして卵から育成期間の間に一定した水温で孵化生育する為にスモルト化と同じ状態、つまりサクラマスの様に鱗が保護膜の様な状態になってます、あとは尾鰭が丸いとかですねw

 因みに尻別産で特徴的なのがドーナッツ型や変則型のパーマクFHIS PHOTOに有ります、丸型のパーマクですね。
http://riverart.cocolog-nifty.com/photos/fish_photo/20041106_020.html
http://riverart.cocolog-nifty.com/photos/fish_photo/img_7567.html
http://riverart.cocolog-nifty.com/photos/fish_photo/img_7579.html


 そして餌の意見は色々と有ると思いましたのでフライマン特有のきつい言い方では書きませんでした、これだけはお互いの意見の食い違いは外来種の賛否と同じになるのですがま~資源を無くしては困りますから考えて欲しい問題です。


 質問の件ですが疑問や誤解の無いようにここで答えますね^^

1、経済的な理由(ヤマメの時期が終わると走行距離が嵩む)
2、会社の休みの関係(土曜日の全休は7と8月残りは隔週で11と12月 3と4月は土曜日休みが無い事)特別な事が無い限りは基本土曜日しか釣りに行かないのも理由です。
3、夏休みが終わるとチビの学校行事が増える事、春は運動会に対して秋から父兄参観や学習発表会、バーザー等の行事が増える事ですね。
4、個人的に魚のスポニングに入るので資源保護を考えてなるべく出来るならと言う考え方です、行くとすればこれからの時期はアメマスになりますが^^

以上が理由です^^

みつさんこんばんわ^^ 釣って子供が出来たり仕事が忙しかったりで行けない時間が増えると逆に行った時に楽しめると思います、今度はああしよう! こうしよう! 釣りに行って失敗したり成功したりで課題が増えると限り有る時間で克服し様として努力する物です、人によって考え方は違うとは思いませんが自分で許された時間で色々と努力し様とするのは事実だと思います、そして自分の時間を頂いた後はきっちり家族サービスをする@手を抜かない、家族を大事に出きると思います、そして釣りに理解を示してくれる奥さんに感謝ですね~^^

ちと堅い話になりますが川のヤマメ再生の話ですが水産庁の公式記録では積丹半島に有る某河川でしか確認されてると内容です(公式上)、千歳川でヤマメを大量に捕獲して統計を取った結果川での雌の捕獲は0匹との事でした、ここでの公式な河川名は出せませんが完全なロックグランドされた河川で100%放流の必要が無い、不要な河川での自己再生の内容をとある件のメールのやり取りで発展してした事が有ります。

過去にも放流記録は無い(出来ないと言うか必要無いと言うか)なので北海道の河川での自己再生適応は道産のヤマメに受け継がれて事ですね^^ 色々な意味で考える事でもヤマメって楽しめる魚では有りますよね~♪

それと本州の心無い方からは北海道の河川は外来集天国と言われたり水産資源増殖地域等と言われたりもしますが完全否定出来ない自分自身が居るのが悲しいですね、本当に色々な意見って人それぞれなので決着が付かない問題では有るのですが限り有る資源は大量に持ち帰れば再生も出来ない居なくなる、そして釣り人が釣り人の首を絞めるって事実でも有りますよね~


 ちなみにチビが釣堀デビューして釣堀をマスターしたので川に出てみたいと言ってます、因みに餌釣りですがw 故に年内に川へ連れてく可能性もありますわ^^;

 しまった><; 写真に直接ジャンプできないのでアドレスをコピーしてジャンプしてください><;

イワナさん、ありがとうございました。
山女の写真。なんとなくわかりました。
いつも釣っても、リリースするのに一生懸命で
よ~く観察してませんでした。
これからは、気にしてみてみたいです。
勉強になりました。

釣りの理由ですが、すいません(A;´・ω・)アセアセ
実はこれを聞いた特別な意味はないのです。
何かかんぐってたわけでもないのです。

これだけ魚に対しても詳しく、釣果も上げているし、
過去の記録もたくさんあるのに
最近は如何してなのだろう、と単純に思ってただけなのです。
余計な事聞いてしまいすいませんでした(A;´・ω・)アセアセ

アメマス・・・確かにガソリン代も嵩みますよね。
というか、私は実はアメマス釣りには行ったことないのです。
島牧はありますが、川ではないのです。
いつも一人にて場所なども解らないもので・・・
仕事も確かに休みがないのもつらいですよね。
私は基本、土日休みですが、待機や講演会などで
潰れてしまうことが多いですね。
といったわけでつまらない事聞いてしまい本当すいませんでした。(*´v゚*)ゞ

 usakoiさんおはよう御座います~^^ いえいえ~前にも同じ事を聞かれた事が有りましてやはり疑問に思う人は多いと言う事も有りましてここで書いたのです、一人思うことはネットの世界では100~1000人居ると言う事を言われますので、ただ単純に行かないのは人間らしい回答ですからw

 確かにusakoiさんは職業柄休日は潰れますよね^^; 講習会関係など本当に多いですよね^^; ま~時間が束縛されると逆に楽しい釣りが出切ると開き直ってくださいw

 小生は完全に開き直ってますからwww アメマス向った事無いですか~、道東まで向えば魚には巡りあえますがなにせ遠い・・・小生の個人的な意見ですけどね^^; 道南の河川秋のアメマスは確率は良くは無いしポイントも通わないと判らないのでお勧めできないですね^^; もし何か有りましたメールとレス同時に頂ければ^^

イワナさん、お心遣い
ありがとうございます(◎´∀`)ノ

>もし何か有りましたメールとレス同時に頂ければ^^

その際は遠慮なくさせて頂きますのでよろしく
お願い致します(◎´∀`)ノ。

私、フライを勧められたのは知り合いからですが、
その後の釣行は全て一人でした。ルアー時代は良き
相棒がいましたが、相棒は仕事が忙しく釣りに行かなくなり
余計に一人釣行が多くなりました。フライに関しては独学で、
師匠などと呼べる人も居ない状態です。故に
限界も感じてます。ルアー時代には釣れないと決め付けてた
尻は、フライをやるようになってから関心が高まりました。
理由は、近いからです。一人で行くには近場が一番です。
尻に関してはルアーで見向きもされなかった魚が、フライに
反応してくれましたので嬉しさ百倍でした。
そのうちに、尻に対して魅力がたくさん出てきました。

そんなときに、イワナさんのblogを知り、面白い記事などが記載されており、大変勉強になってます。
今後も時々、イワナさんの経験談など乗せてくださいね!


 usakoiさんこんばんわ^^ 尻に関しては通う人には裏切らないと常日頃から思ってます、一時良い思いをする事が有っても長い時間通うと釣果に差が出るからです、今現在に至るまではそれぞれに皆さん色々とは有ると思います、本当にフライに関しても他の人の釣りを見てると新しい発見なども有り本当に勉強になります、ただルアーに関しては知り合いに凄腕が何名も居るのでとてもでは有りませんが勝負し様とは思いませんw 本当にそれぞれの経験値が物を言います、故に今回の糧は次の失敗に繋げないように考えてます^^


 余談では有りますがレポートには書いてないのですが尺上上げたポイントでmhさんと別れた後にもう一度降りてみました、理由は尺上上げた時に少し小さいサイズが張り付いて来たからです、当然上げた後は場を荒らしてるので出ませんでしたが分かれた後にフライ投入で一発で出たのですが一気に走られて倒木の下に潜られてフライの結び目からブレイクですw

 原因としてキャストする前にティペット周りにチェックを怠った事ですねw ま~ロッドを絞り込む勢いからサクラかニジマスと推測されますがま~これも経験ですねw 本当にリーダーやティペットやフライの結び目周りはマメにチェックするべきですw 常にこの課題に付いては後悔してますw

 ま~こうやって毎回の課題が山積して行くのですw 他にも課題が山積です^^w メールの件は何時でも、メールチェックは頻繁にしてないのでBlogに同時にレス頂ければ^^v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/52584842

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な事:

« 本家HPにレポートをUPしました。 | トップページ | これは重要です! »