« 札タ観察日記(札機でDD51目撃) 2013/09/21 | トップページ | 道南遠征 静狩駅とその周辺編 2013/09/15 »

2013/09/21

熊と接触による列車の影響って・・・ 2013/09/21

 本日(9/21)日高線 春立~東静内間で普通列車が熊と接触したため、日高線の一部の列車に運休や遅れが出ています。  平成25年9月21日20時35分現在

 

 JR旅客の列車運行情報に出てますが何とも有り得ない事が立て続けに起きてますね、本当に旅客にとっても北海道貨物にとっても厄日なのでしょうか? 熊って思ってる以上に警戒心が強いのでそうそう簡単には?と思いますが最近危惧されてる第二世代の熊。

 

 

 本来の成獣である年長者の熊の縄張りからはみ出した若熊、この若熊が厄介と言われ人への警戒心が少ないと言われてます、人でも年長者で有るほどに色々と経験してますが若いが故に怖いもの知らず的な状態なのが第二世代の熊なのです。

 

 

 恐らくとしか言い様が無いですし予想の範疇ですがそんな熊なんでしょうかね?過去に高速に熊が進入して車が3台ぶつかった事が有りますがその時の車は大破したそうです、果たして今回の列車はどうなったのか? ただでは済まないでしょうね・・・鹿とは重量が違いすぎます・・・

« 札タ観察日記(札機でDD51目撃) 2013/09/21 | トップページ | 道南遠征 静狩駅とその周辺編 2013/09/15 »

ニュース」カテゴリの記事

情報関連」カテゴリの記事

鉄道写真」カテゴリの記事

コメント

鹿と同様床下に巻き込まなければ車体にはあまり支障はないかと思います。
大概固い除排機付近に接触しますから

 ♂茉莉花様おはよう御座います、コメント有難う御座います、確かに列車の除排機は相当硬そうですよね、鹿などの激突は前提で車両設計されてるでしょうしそれなりにはですよね、果たしてぶつかった熊って何キロなんでしょうか? 気になってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/58238982

この記事へのトラックバック一覧です: 熊と接触による列車の影響って・・・ 2013/09/21:

« 札タ観察日記(札機でDD51目撃) 2013/09/21 | トップページ | 道南遠征 静狩駅とその周辺編 2013/09/15 »