« SLニセコ号C11 207 蘭島駅編 2013/09/22 | トップページ | 函館本線の気動車 2013/09/22 »

2013/09/25

JR苗穂駅

Jr1309250001

JR苗穂駅

 

 

 皆さんこんばんわ~、先ほど帰宅しました、これから年末に向けて殺人的な忙しさへのカウントダウン中です(げんなり)さてこちらもカウントダウンが始まってる駅です、古さが残ってて個人的に好きな駅なんですがね。

 

 

 地域の要望を受け入れた感じでの再開発的に新駅舎に変わる予定です、JRも現状落ちる所まで落ちた感じですが皆さんも言いたい放題ですね^^; 現状JR北海道の財政は火の車なのに地域の要望や要請で設備投資・・・

 

 

 これも国鉄時代から続く公共事業と言いたいのですがJR北海道からの工事受注の出資は税金では無くJR北海道から出るのですが高架の工事や色々な工事をして地域や商工会議所は喜びますがJR北海道の直接の利益増には繋がらないのも事実です。

 

 

 ま~あれこれ言っても仕方ないのですが社長や幹部を入れ替えして国鉄時代のOBの再雇用や民間からの優秀な経営陣の採用を考えるべきととあるメディアでは建設的な意見を言ってました、他にもこうなってしまった原因の色々な経過などを述べてましたが書ききれません!

 

 

 逆に悪く言うのは幾らでも言えます、自分の懐が痛みませんしね、でも批判ばかり書いてるとその人に本当の本質が見えてるのか?日本人特有の表面だけ見てただ騒いでるだけで事の本質を知ろうとしない民族性が出てますよね。

 

 

 福島の原発事故の時がそうでした、事故が起きてしまってから原発0だの即停止しろ等言いたい放題、現状原発は動いてないと言う状態ですが実は発電してるのとさほど変わらない機能状態だと言うことを解ってませんよね。

 

 

 一度燃料棒に中性子をぶつけて核分裂を起こすと制御棒で押さえても発熱は続きタービンを回せる状態です、これは半減期を過ぎるまでは理論上は冷やし続けなければなりませんからただ電極を繋がないで発電状態のままと言うことなのです。

 

 

 この辺はもっと詳しく書くと長くなるので興味のある方は原子力発電をご覧ください、ま~何を言いたいかと言うとお祭り的に騒いでる人間も多いと言う事ですね騒ぐ前に自分も勉強しろと! でもJR北海道に問題も多いですがね・・・

 

 

 ここからJR北海道にとっては正念場です、しかしながらファンの方々は沢山居ますJR北海道の復活を祈ってますよ!味方なのですから、何時も見守ってます!

« SLニセコ号C11 207 蘭島駅編 2013/09/22 | トップページ | 函館本線の気動車 2013/09/22 »

鉄道写真」カテゴリの記事

駅施設関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/58265585

この記事へのトラックバック一覧です: JR苗穂駅:

« SLニセコ号C11 207 蘭島駅編 2013/09/22 | トップページ | 函館本線の気動車 2013/09/22 »