« 今朝のタキ8771レ 2013/10/06 | トップページ | 日没後の苗穂駅 2013/10/05 »

2013/10/07

夕刻の札幌オイルターミナル 2013/10/05

 皆さんおはよう御座います、自動更新となります、土曜日の撮影の後に余りにも夕焼けが綺麗だった為に横を向いてすぐそばの札幌オイルターミナルを撮影して見ました、ここも来年のタキ終了で施設はどうなるのでしょうね~

 

 

 確かにこの施設も古いのですが陸送よりも鉄路での輸送料の方が安いでしょうし海輸送に切り替える話も有りますがシーズン中の日本海は荒れるでしょうし更に冬場は吹雪くと陸の孤島的な状態になる事も有りますしね。

 

 

 安定した供給でガソリンや灯油はどうなるのでしょうかね? この輸送料等が消費者で有る我々に跳ね返るのでしょうね・・・

 

 

Jr1310052000

夕刻の札幌オイルターミナル

 

 

Jr1310052001

夕刻の札幌オイルターミナル

 

 

Jr1310052002

夕刻の札幌オイルターミナル

 

 

Jr1310052003

夕刻の札幌オイルターミナルとタキ

 

 

 夕刻シリーズもう一つ明日に自動更新します、夕刻と言うより日没になるでしょうか? 本当に日出は遅くなり日没が早くなってきた今日この頃ですよね・・・

« 今朝のタキ8771レ 2013/10/06 | トップページ | 日没後の苗穂駅 2013/10/05 »

ギラリ」カテゴリの記事

コラボ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

鉄道写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは尾辻です。いつもコメントを読んでいて考えさせられることが多々あります。北海道にとって石油は生命線、昔みたいに石炭で暖を取ることなどない時代、一企業の問題では無いと言えます。特石法が無くなってからかなりの合理化が行われてきていますが、東北や信州などでは過疎化が著しくなってきている現状を見てきました。国や道庁がもっと積極的に活動してくれるといいですが、その傾向は薄いみたいですね。タキの存続を願うばかりです。

 尾辻 賢栄様こんばんわ、コメント有難う御座います、タキ廃止には室蘭のJXが製油関係から手を引くと言う現状です、ただ今年の春先が寒かった為に需要が春先なのに落ちなくて2ヶ月廃止が先伸びした背景が有ります。
 
 一つの希望として何かの理由での延命しかないですね、タキ廃止と共に北海道からタキが消えてしまうのが悲しいところです。
 
 JXが手を引く背景には石狩湾新港にオイルターミナルが出来たことですね、大谷地のオイルターミナルも老朽化してるのも理由の一つかも知れませんね。
 
 ただ日本海に面した石狩湾新港ですが過去にも海が荒れて船舶の事故が何度か起きてる位荒れることが多いのでタンカーでの輸送って意味で考えると色々と疑問は残りますよね・・・
 
 今の所小生に出来るのはタキ廃止までに出来る限り写真と言う形で残すことしか出来ないですね^^
 
 悲しい現実ですがDD51同様に時代の流れと共に消えて行くものが有ると言う事実を受け止めて行くしか無いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4198/58327318

この記事へのトラックバック一覧です: 夕刻の札幌オイルターミナル 2013/10/05:

» オイルターミナル [RAN Blog Ⅱ]
 道内のタキレの運用も終わり札幌の拠点で有ったこのオイルターミナル、すっかり見に行くことは無くなったが美しい夕日と共のまた拝みたい。        札幌オイルターミナル   2013/10/05 ...... [続きを読む]

« 今朝のタキ8771レ 2013/10/06 | トップページ | 日没後の苗穂駅 2013/10/05 »