« 厚別駅と野幌100年記念塔  2020/06/20 | トップページ | 父の日の家族運用  2020/06/21 »

白ボウズ+旭山+スラントの集約臨  2016/05/28 

 今日は朝練も鉄分補給も無しの日です、父の日ですから家族運用で余湖農園に美味しいお野菜と焼き肉をこれから食べに行くのですが過去の写真などをブログ上で検索しながら色々と見返してると懐かしいと言うか撮影してた事をすっかり忘れてた写真なんかが出てきます、それにしても機材変更前は機体もそうですがレンズの性能も低くて画質が良くないですよね^^;

 

Jr1605284005

2016/05/28  キハ183系 集約臨

 

 もう存在しない編成ですよね、白ボウズに旭山にスラントの編成、このチンドコ編成も集約臨ならではの編成ですよね、こうやって撮影できてた事に今更ながら感謝してますよ、さて今日は時間が出来たら撮影もしたいかな?w

 

 しかし最初にも書きましたが機体とレンズの性能が低かった時には気になりませんでしたが・・・写真の画質が低すぎて何ともね・・・と言うか年々デジイチと言うかデジカメの性能も上がってるのですがカタログ記載のフルの画質を使うには全ての機能をOFFにしてフルマニュアルで撮影しないとフルスペックの画質は得られません。

 

 公式記録カメラに認定されてる1Dシリーズだけが全ての機能を使っても画質に変化しない、これはカメラの頭脳となるCPUの性能と本体に入ってる基盤の性能の差でそれが金額の差となってます、カタログ記載の画素数もプログラムやAF多様だと結局は性能を得られないと言う事です、カメラも所詮はパソコンと同じです。

 

 沢山のスレッドを使って作業を処理するとなると高いCPUと大きなメモリとマザーボードの性能で一瞬で終わる作業も通常のパソコンなら数分になってしまう、そのタイムロスを削るために何が犠牲になるか? と言ったら画質ダウンです、そして最終的に本体に組み込まれたメーカーによっては最終的に本体に組み込まれたソフトで編集となる訳です。

 

 公式記録カメラは撮影したものを原色かつ編集ソフトを通さない忠実な写真とするもの、これは逆に高画質のシーモスを通すと一番本体に負荷の係る作業ですからね、ま~メーカーそれぞれの違いや考えも有りますが雑誌でこれを取り上げるとスポンサーが無くなるのでタブーの記事ですからねw

« 厚別駅と野幌100年記念塔  2020/06/20 | トップページ | 父の日の家族運用  2020/06/21 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 厚別駅と野幌100年記念塔  2020/06/20 | トップページ | 父の日の家族運用  2020/06/21 »

2023年7月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
フォト
無料ブログはココログ